僕が「iPhone XS Max」を使ってみて感じるメリット・デメリット【レビュー】

本日、「iPhone XS / XS Max」の発売が開始されました。相変わらずの人気で、アップルストアには行列も出来ていたようですね。当ブログもさっそく、iPhone XS Maxを購入して受け取りました。

iPhone XS Maxを買って触ってみた感想は、これがホントの大画面iPhoneという印象。色んな使い方が出来て楽しそうです。今年のiPhone XS(5.8)とiPhone XS Max(6.5)は悩まれた方が多いのではないでしょうか?

今回の新型iPhoneは、絶対に一度触ってみてサイズ感で選んでいきましょう。人それぞれ使いやすいサイズはどうしても存在すると思います。小さいものが好きな人、大きいものは好きな人、今回のiPhone XS Maxは、大画面をこよなく愛する人たちに非常にオススメな一台です。

結論、iPhone XS Maxは、買ってよかった。

冒頭でもお伝えしましたが、これが僕の結論です。

今回は、iPhone XS Maxのメリット・デメリットや使用感についてもレビューしていきたいと思います。

iPhone XS Maxの外観をチェック


それでは、最新「iPhone XS Max」を開封から外観レビューをお届けします。iPhone XS Maxは、これまでのiPhoneでもっとも美しく大きな画面・ディスプレイを持つiPhoneになっています。不思議なことに、すでに完全に魅了されています。iPhoneシリーズではこれまでにないほどの大画面、一度は使ってみたくなりませんか?


iPhone XS Maxのパッケージは、これまでのアップル同様に非常にシンプルです。開ける瞬間がたまらない感じは相変わらずのパッケージになっています。

開封後、説明書を手に取ると、早速iPhone XS Maxがお目見えします。これまで通り初期フィルムが貼られています。iPhone XS Maxの下には、イヤホンや充電ケーブルなどが入っています。

付属品は、次の通りです。EarPods with Lightning Connector、iPhone本体、Lightning – USBケーブル、5W USB電源アダプタ、説明書です。今回は、有線イヤホンを使うための変換アダプタは同梱されていないので注意しましょう。有線イヤホンを使いたい場合は別途、変換アダプタの購入が必要になります。

iPhone XS Maxは、最初の初期フィルムが貼られていて傷が本体につかないようになっています。たまに、この初期フィルムを貼ったまま利用されている方がいますが、これは必ず外して専用のケースやフィルムを付けて利用をしましょう。

iPhone XS Maxの本体は、非常に美しい。iPhone Xから大きなデザイン変更は正直ありません。わずかに変化しているのは、カメラの出っ張り程度です。

シルバーとグレイは、iPhone Xと同様の色味になっていることもあり、イメージしやすいと思います。今回は、新色ゴールドも出ているので是非一度実機を見てみてください。

iPhone XS Maxの音量ボタンとマナーボタンの構成は、これまで通りでiPhone Xと変わりません。

iPhone XS Maxのスピーカーはさらに音がよく、スピーカーの穴も一つ増えています。

電源ボタンもiPhone Xと同様に僅かに、iPhone 8シリーズよりも大きくなっています。押しやすさもあるので使い勝手が良いです。国内版iPhone XS Maxは、デュアルSIMを挿入できるモデルは発売されていないので、シングルSIM仕様になっています。

iPhone XS Maxのディスプレイは非常に美しい。大画面6.5インチディスプレイに加え、Super Retina HDディスプレイ、オールスクリーンOLED Multi‑Touchディスプレイ、HDRディスプレイ、2,688 x 1,242ピクセル解像度、458ppiを採用、非常に綺麗で美しいディスプレイを実現しています。

もっと大きな画面のiPhoneが欲しいと思っていた僕には、最適なiPhoneです。また、ベゼルギリギリまでディスプレイが来ているので、大きさはiPhone 8 Plus程度ですが、画面の大きさはかなり大きく感じます。ただ、上部にはノッチが採用されているので、このあたりは賛否ありそうですね。

カメラをチェックする


iPhone XS Maxは、デュアル12MPカメラ(広角と望遠)は、(広角:ƒ/1.8絞り値)+(望遠:ƒ/2.4絞り値)の組み合わせです。

今回からボケと深度コントロール調整可能です。iPhone XSでは、より精巧なボケ(背景のぼかし)を使って、驚くほど美しいポートレートが撮れます。さらに、新しい深度コントロールにより、撮影後でも被写界深度を調整できるようになりました。

iPhone XS Maxは、iPhone Xよりもカメラが出っ張りが大きくなっているので注意しましょう。

Xから何が変わった?

iPhone XS MaxとiPhone Xの違いは、ざっくりディスプレイ、カメラ、スピーカー向上、CPUの向上ですね。個人的に、一番気になっていたFaceID(顔認証)ですが、マスク時の認証はやはり不可でした。認証スピードもかなり早くなっていますが、マスク等で顔を覆っていると認証出来ないのはやっぱり致命的な気がします。

ただ、これまでにない大画面のiPhoneは、ホント魅力的です。ネット観覧、動画鑑賞にはホント最適、またゲーム好きにもたまらないサイズのiPhoneでしょう。

メリット・デメリット

個人的に使ってみたメリットは以下のとおりです。

■iPhone史上最も大画面ディスプレイを搭載
■最新CPU、メモリ向上により格段に高速レスポンス化
■最も手軽に誰でも綺麗に撮れるカメラ

iPhone XS Maxは、完璧すぎる。周りの友達にも聞いて口コミを集めましたが、iPhone XSも良いけど、大画面重視ならXS Maxと、大画面好きならまず後悔しないと思います。

次に、使ってみて感じたデメリットは以下のとおりです。

■片手持ちの操作は不可能
■Face ID(顔認証)の認証時マスクは突破不可
■バッテリー持ちは普通

個人的に一番困るのは、Face ID(顔認証)の認証時にマスクをしていると全くロック解除出来ない。

これは、iPhone Xの時から変わっていません。そこだけは是非注意して購入してみてください。

評価:僕の好みがすべて詰まった一台

iPhone XS Maxは、買ってよかった。冒頭でもお伝えしましたが、これが僕の結論です。結局、iPhone Xは大画面と言われてたけどサイズは、iPhone 8と同じぐらいで個人的にはちょっと大画面というわりには小さいなと感じていました。XS Maxの大画面なら大満足です。

サイズもiPhone 8 Plus程度と、慣れた大きさになっているので個人的には、使いにくさも感じません。ぜひ、iPhone初の超大画面スマホを一度手にとって感じてみてください!きっと新しい発見があると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA